学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>03

中1ギャップを解消できないものか②

学校の保護者懇談会の席で発言機会があったので、

ひとりの保護者として担任の先生に提案してみた。

中1ギャップを解消するために、小学校と中学校が

今まで以上に密な情報交換、密な連携がとれないものか、

というもの。

現在中1のお子さんやそのお母さんが抱えている悩み事は、

目の前の小学生のお母さんたちにも数年先に巡ってくる。

決して学校批判や苦言ではなく、建設的な要望のつもりだったのだが、

こういうことを保護者が口にするとマイナスイメージらしい。

なごやかな空気が急に硬化してしまった。

そして感じるのは、小中間の距離が近そうで遠いということ。


場違いで余計なことを言ってしまったかなという反省と、

でもこれから中学生になる子どもたちのために

知らぬ存ぜぬではいけないという気持ちが半々。

いや、家族のことを考えると後悔の念の方が大きかったか。

「俺、べらべらと喋っちまったよ。出過ぎた真似だったよな。ごめん。」

と家内にも謝った。何とも重たい気分だった。


次の日になって、

同席していたひとりのお母さんからのメールが家内に届いた。

発言した私への感謝であった。

「教えてくださってありがとうございました。」と。

問題解決の道のりは遠いけれど、それを読んでちょっとだけ心が軽くなった。
スポンサーサイト

近い将来に訪れる矛盾

先日ちょっとした事件があって、子どもの部活動が停止になってしまった。

後輩のひとりが学校へスマホを隠し持ってきたことが発覚し、

顧問の先生は大激怒。

連帯責任で活動再開はいつになるかわからないらしい。

そのこと自体に対しては何の異論も無い。

持ってきてはいけないものを持ち込んだんだから。


私が違和感を持ったのは、その点ではなく、

今積極的に進められている授業中のタブレット導入に対してである。

スマホもタブレットもサイズは違えど情報端末機としては、ひと括りである。

現在、学校に機器を持ち込むこと自体が大問題になるくらいの禁止事項なのに、

近い将来、教材という名目で校内でも個人が持てるようになる。

“(悪い使い方をするから)絶対あかん”と叱られていたのに、

ある日を境に今度は“(悪い使い方をしなければ)積極的に使え”となるわけだ。

今のように“持ち込んだらいけない”という

子どももわかる倫理上の線の引き方が変わる。

“学校支給のタブレット使用はOK、個人的なスマホ持ち込みはアウト”か…。

でもハードが違うだけでオンライン先は同じだから、

結局ソフト面での線引きになり、大人でもわかりにくくなるだろう。

たとえ学校側がブロックをかけても抜け道をさがし出すはず。

生徒ひとりひとりを管理できるものなんだろうか。

だったらこれまで通り、無い方がいいんじゃないかと考えてしまった。

悪いイメージ①

(1ヶ月ほど前のことです)

以前にも書いたことがある子どもたちの持つ塾のイメージ。

勉強させられるところ。

課題が多すぎる。

出来なければ居残りさせられる。

子どもたちの学力が低下している現状からすれば、

塾の課題がより厳しくなるのは当然の流れだと思うが、

それが勉強全般のイメージ、つまり「学びは苦しいもの」という

心理が子どもたちに蔓延していることが大問題なのである。

ちまたでは、中1はもうすでに学校と塾の課題をこなすために

疲れ果てていて、テスト直前にも関わらず勉強モチベーションが

下がっているらしい。



「うちの塾、テストで満点になるまで帰らせてもらえないもん(怒)」

先日、地域支援勉強会に参加してくれた(うちの)塾生の友人が

通っている塾に対してぼやいていた。

苦しい思いをしながらも実力がつけば、

本人も納得できるであろうが、

うちのメンバーに混じって受けてもらったテスト結果は

とてもそう言えるものではなかった。


さらに気になったのが、

期末テスト数日前とは言いがたい勉強への取り組み。

真剣さと集中力がいまひとつ足りない。

休憩時間後さっと勉強モードに切り替えられる我がメンバーに対して、

いつまでもぐだぐだと話している。

普段塾でもそういう気持ちで勉強しているんだろう。

私は多少苛つきながら黙ってそれを見ていた。

(つづく)

 | ホーム |  »

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析