学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝言葉

10日に行った小学校PTA家庭教育学級「教育講演」で
私に贈られた保護者様からの感想です。
物ではありません。言葉です。
しかし私の宝物です。
ガツンとエネルギーを頂戴しました。


いつも笑顔で“お母さん”と呼んでくれる娘に、
自分の心が落ち着いていない時など、
笑顔で答える事が出来ていなかった自分をとても反省しました。


日常の生活に追われ、子どもの十年先、二十年先を考えた事が
あまりなかったが、今日はお話を聞いて、今もすごく大切ですが、
これからの将来のために今から自立に向けて考えなければならないと
思いました。
日頃、子どもの生活に、お友だちといっしょだと安心というのがありますが、
いっしょでも自分の考えで行動していけるといいなぁと思いました。
今日はとても貴重なお話をありがとうございました。



今回、先生のお話を聞き、改めて“右へならえ”の教育を
していたのかと考えさせられました。
子どもと向き合う親子のコミュニケーションを今日から
始めていきます。“ほめること”は大切ですね。



今日来て良かった!! と強く思ったのが、一番の気持ちですが、
その反対に、もう少し早く先生(塾)に出会っていたかったと
残念に思う気持ちになりました。
中学に向けて塾に入れてしまい、子どもも通う気持ちになって
いるのですが、先生のように熱く子どもと向き合ってくれる
塾だったか…と心配です。
今、友だち付き合いで悩み、傷ついた事で、この先が不安でも
あります。
でも、先生のお言葉で
「親はどんと構えて。子どもさんはこれから。色の付け方は親次第。」
心に響きました。親子関係が良い方向に進むようにやってみます。


「自分の周りに起きていることに、心を研ぎ澄まさせる。」
チャンスをつかむとはそういうことですね。
先生のお話を聞き、たくさんの気づきがありました。
子どもたちへも伝えたいと思います。感謝致します。


・今の子どもたちの現状、これからの大変さがよくわかりました。
・これからどうしなければならないのか。親としてどうしてあげれば
 良いのかを、子どもといっしょに考えながら 励まし合いながら
 がんばりたいと思います。



子どもとの関わり合いについて、現実的、具体的なイメージを
持つことができたと思います。



失敗してもいい。どんな事でも思いっきりやって来い。と言ってあげられる
親になろうと思います。学校の先生もそうしてほしい。
美川先生のような先生が学校にたくさんいれば、子どもたちも、
もっと伸び伸び学校生活を送れるのですが。


今日はとてもためになるお話ばかりを聞くことができて良かったです。
中学・高校・10年後を想像しながら、話を聴くことができた事が
とてもためになりました。これからの子育てに役立てていきたいです。



普段、仕事や家事に追われる毎日で、子どもとの関わりが難しく、
学校が上がるにつれ、悩みも増えるだろうと漠然と考えている毎日で、
今日の講演は親の在り方、接し方、とても参考になりました。



10年先、20年先というか、我が子が死ぬまでを考えて教育する、
自立を考えるために、基本的に生活するには何が必要か?
笑顔、チャレンジ、夢中になれる。 ということが如何に必要か、
改めてわかりました。
目指せる大人になれるよう、また、そんな人がいる環境を作って
あげる事も大切と思いました。
元気が出てきました。


子ども達の将来について、不安になることは考え出したらきりが
ありませんが、今は子どもを通じて、親もいろんな経験、体験を
させてもらっていて、親にとっては思い出、子どもにとっては
自立の糧。そんなものになっていくのかなと感じました。
失敗も財産。そんなことがきちんと受け止められる親になりたいものです。
関係ない余談ですが、心に響く良い話を聴くと、手のひらに金粉が
出ると聞いたことがあります。
本日は手のひらにしっかりと出ました。満足感たっぷりの良い
講話をありがとうございました。
子どもがもう少し大きくなりましたら、先生にお預けしたいと思いました。



親以外に子どもの理解者があると良いと聞いたことがあります。
今後も寄り添い、成長を見守っていただきたいと思います。
今後益々ご活躍下さい。


お忙しい中、お話を聞かせて頂き、ありがとうございました。
勉強になりました。
親も子どもと一緒に学んでいきたいと思います。
「親の自信」はっきり言ってありません。子どもがどうの以上に、
こちらが大きな課題のように思います。




私の小学校の頃は、勉強、宿題とか、あまり記憶もなく、
遊ぶことしかなかったし、将来のこととかも悩むことなく大人になって、
我が子は大変だなぁと毎日思う。
のびのび育ってほしいが、プレッシャーをかけてしまう自分が…。
ほったらかしで育てられた私ですが、自分は子どもに依存してしまって…。
勉強になりました。


「うん、うん」とうなずける話が多く、とても聞きやすいお話でした。
身近に感じる話がたくさんあってわかりやすかったです。


大変為になりました。
長子の息子は、理数科に通って、天文と出会い、充実した毎日を
過ごしています。
受験の時は本当に大変でした。特色化入試の前後は、ブルーになり、
乗り越えるのに苦労しました。
進路は子どもの進みたい事を仕事にできると良いとは思いますが、
情報の集め方がわからずにいます。子どもだけでなく、親も不安。
下の子は小4と4歳。受験は親も一緒に、悩み考えることが大切だと
思います。やれやれと言わずに勉強を進んでできるといいのですが、
声かけの方法がわかりません。
楽しく拝聴致しました。ありがとうございました。



我が子の将来を考えるお話でした。
小学校から社会人になる過程はとても大切だと感じます。
しかし、その過程で親も迷い、子どもの成長にとまどう今、
こういったお話はとても参考になりました。



失敗を認め合えない世の中になりつつあり、幼稚園でも子どものやることなすことが
気になってしょうがない。
特に子どもの言い分を真に受けてトラブルが大きくなってしまう。
本日の先生のお話はすごく理解できますし、そうあることも理想だと思います。
私たち親の考え方もすごく影響されているなぁと実感しています。
ストレスを避けたいがために、目の前の現状から目をそむけがちな為、そのつけが
中学→高校→と回ってきているのでは?と感じます。
私たちは今後、事なかれ主義な社会の中を、どのように行動したらよいか考えさせられます。
先生の言葉の中にあたたかさを感じました。逃げない勇気を持ちたいと思います。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1064-8bfd6bb1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。