学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の愛情③

養老校での中学生向けの2学期行事説明会より。
この前の部で、小6の女の子から
「先生、話が重たいよ~。」とありがた~いご指摘を頂いたので、
同席している保護者さんには恐縮だが、“普段の授業”に
近い、軽めの語り口調に変更した。(笑)
体育祭の練習で明け暮れているこの時期、ド真面目トークが続くと
眠たくなるもんね。

DSCF3712.jpg
達磨の目入れを中3FFに代表としてやってもらった。
DSCF3719.jpg

説明会もこれで4日目。
どのクラスでも同席したお母さんたちから同じお悩みを聞く。
2学期の始まったにも関わらず勉強に身が入らない我が子を
叱ったというもの。
いや正確に表現すると“叱った”というより“ブチ切れた”である。
中学生それも3年生に多い。

受験生の母だからこそ、我が子のだらけぶりが気になって仕方がない。
それでも始業式直後は“小言を言いたくなる”のをグッと我慢する。
だが10日も過ぎると限界点に達して大噴火。
と、皆さん全く同じパターンだ。

叱ったあとに後悔もされている。
「先生、これで良かったんでしょうか…。」って。
私は笑顔で励ます。
「良いじゃないですか! 母親の特権なんだから。
 遠慮せずドンドン言っちゃってください。」

こういう時、決まってお父さんの姿は見えてこない。
どうやら子どもに嫌われたくないという男親独特の心理が働き、
黙っているようだ。
したがって、その負担は全てお母さんにのしかかる。
それに耐えられるのは深い愛情あってこそ。

お母さん、どうかご安心ください。
私は孤軍奮闘するお母さんの強い味方になって、
受験ロードを歩むお子さんを共に支えていきますから。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1271-fba0f3b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。