学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

ゆがみ、ひずみ

「ゆがみ」と「ひずみ」って同じ漢字なんだって、
今さらながら気がついた。
だからタイトルをひらがなにしたんだけれど…。

新年度からの中学教科書改訂については、
何編か記事にした通り大幅な内容増加である。
どっぷりと「ゆとり教育」に浸ってきた世代には
かなりきつい増量になるだろう。

国際的に落ち込んだ日本人の学力を元に戻そうとする
措置だから悪いことではない。
文科省配下の末端である学校が歩調を合わせ、
また我々塾屋や教材会社など民間教育産業が、
その流れに便乗し躍起になるのも当然のこと。
むしろ良い傾向だろう。

そこで気がかりになってくるのは、
何も知らない、わかっていない純粋無垢な子どもたち。
世の中「学力低下」が叫ばれ、結構な年月が経つが、
ここ数年間の急降下ぶりは、ドンドンドンと拍車が
かかっている気がする。

単に意欲が無いだけならば意識改革すれば良いだけの話だが、
本当に能力的な問題を抱えているとしか考えられない子も
少なくない。

新たな教科書に沿った指導が本格的にスタートした時、
そのような子どもたちが果たして耐えられるのだろうか。
世の流れの急激な変化についていけるのだろうか。

子どもの順応性は我々大人が考えている以上に高いのは
十分承知している。しかしそれにも限界がある。
ゆとり教育のどん底であろう今に至るまでだって、
10数年かかっているのだ。
本来ならば段階を踏んで元に戻すべきではないか。

国家としてのこの急激な教育路線変更は、
間違いなく、ゆがみ、ひずみを起こすだろう。
実は、本年度から始まった新しい小学校課程でも、
すでにその兆候が現れて始めている。

まだ自力で泳ぐことができず、
激流に流されそうになっている子どもたちに、
手を差し伸べなければならない。
折れそうな弱い心をつなぎ止めなければならない。

かといって安全な高台から手を伸ばしてもダメだ。
自分も激流に身を投じ、
そこでもがき踏ん張りながら救わねばならない。

これまでの指導経験とたたき上げで磨いてきた独自の感性を
駆使して、今、私はそんなイメージでやろうとしている。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1338-b4469201

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析