学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田先生の記事より


山口県のみかみ塾、本田篤嗣先生の新しい学期にという記事からの引用です。

教科書も新しくなりました。
想像以上に、想像を絶する内容ですから、格差は完全なまでに格差として
目に見えるレベル(今でもすでに明確ですが)で広がります。
苅谷氏の以前からの指摘ではないですが、学校の勉強から「降りる」子達が
急激に増えると予想します。

このあとの地方自治体ごとの取り組みも問われることになろうかと思います。
早め早めの現場での具体的方針と取り組みが、市や県のレベルで民間に明確に
伝わるほどに、強く打ち出されてもいいのではないかと思います。
また、中学の学習のみならず、小学の段階で「学力を伸ばすための能力」が
「身に付かない」ことも早急に対処すべきでしょう。

書く力、読む力といった若干抽象的なものから、もう少し踏み込んで、
暗記する力、解答をつくる力、つながりを認識しさらにそれらを引き出し
応用する力、具体的問いに正解する力、思考のプロセスを構築しうる力、
そうした具体的レベルでの取り組みが必要です。
もちろん、各々の学力の客観的把握を阻害している評価制度についても
あらためて検討が要求されるでしょう。

中1入学の段階で「うちの子はこれほどまでに力がついていなかったのだ」と
知る親御さんが8割から9割に上る地方の現状が見過ごされてはなりません。
被害者は他のだれでもなく、子どもたちであることを大人が認識しなければ
ならないはずです。


次なる取り組みに向けて。
ますます大人がすべきことが明確化してくるように思います。

本田先生とは依然として直接お会いしたことがないのであるが、
常日頃、子どもたちへの教育に関して同じ危機感を抱いている。

学校の勉強から「降りる」とは、今までならば受験期にあった
現象だと思って頂きたい。
受験勉強の末、自分の限界を感じて志望高校を下げるということ。
ところがここ数年、受験勉強そのものから逃げるケースが
見られるようになった。
そして小中の教科書改訂である。
これによって受験期どころか、もっと早い段階、例えば小5から
中2までの間に、“学び”自体から逃避する子どもが急増する
可能性がある。それが「降りる」ということである。

塾は子どもの学力、成績を引き上げることが使命である。
時として尻を叩いたり圧をかける必要もある。
しかし、今度ばかりは「降りる子」に手を差し伸べ救う必要があると
考えている。
出来れば小学生の早い段階で「学力を伸ばすための能力」を定着
させたい。極端なことを言えば、中学生に上がった段階では時すでに遅し、
3年後の進路が選択の余地無く決まってしまうケースだって少なくない。
中1入学の段階で「うちの子はこれほどまでに力がついていなかったのだ」と
知る親御さんが8割から9割に上る地方の現状。
親世代と子どもたちの教育環境のギャップを大人はもっともっと理解して
いかなければならない。

スポンサーサイト

COMMENT▼

.

小林先生
コメントありがとうございます。
その通りですよね。
保護者様に、あるいは地域に
積極的に発信していくべきだと
思います。

.

ごぶさたしております、学び舎です。

本田先生のこの記事、私も考え込みました。勉強そのものから「降りる」生徒が
出てくるだろうという指摘は、その可能性が高いだけになんとも気が重くなりま
す。勉強から「降りる」ことが、自暴自棄につながらなければいいのですが。

美川先生が以前の記事で書かれていたように「学力クラッシュ」が起きて、二極
分化がいっそう進むのだろうという予感がします。

そうなってから「こんなはずではなかった」と思う親御さんが、あたふたするの
でしょうけれど、少しでも早い段階で深刻な状況に気が付いてもらえるよう、私
たちも保護者の方向けに発信をしていかなければならないのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1488-8d2c6125

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。