学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

考える余地

山口の本田先生がそこが足りないノウハウ本という記事をブログに書かれた。

読まれていないの方のために要約すると、
懇切丁寧に書かれすぎている最近のノウハウ本は、
読者に考える余地を与えていないということ。
本田先生の言わんとしていることに、
私の数日前、実際に行った指導を重ねてみたい。


小学生の算数の教科書問題。
「2.4mの赤いリボンがあります。
 青いリボンはその2.5倍の長さです。
 青いリボンは何mでしょうか。」

塾生にこの問題を教えるのに私は15分を要した。

「2.4×2.5で答えが出せます。」

こう言ってしまえばものの数十秒であろう。
でも、算数が苦手な子にとっては身にならない。
というか多分、解答式を与えられただけの状態で、
思考していない。
聞いているけれど理解はしていない。
ここは何としても自力で解かせる、教える側の忍耐が必要。
考える余地を残させばならないのだ。


その時のステップが以下のようなもの。

①まずは問題文を読んでもらう。

②次に「何を何倍したら何が出てくるの?」と質問。
 問題文章を理解しているかどうかの確認である。
 赤いリボンを2.5倍したら青いリボンの長さが出ると
 塾生が答える。

③“倍”とは何算かと質問。これはヒント。
 塾生がかけ算と答える。

④どんな数式が立つかを質問。

ここですんなりといけば良いのだが、
この塾生は2.4÷2.5と答えた。
※最初は2.5÷2.4だった。

そこで

⑤今度は赤いリボンを3m、青いリボンはその4倍と
 数字を簡単にして式を立ててもらう。
 塾生は自分で正答を出す。

⑥それを確認した上で、もう一度数字を元に戻して、
 式を立てさせる。
 相変わらず塾生は2.4÷2.5と答える。

⑦再度、⑤に戻って質問。
 塾生は正答。

⑧ ⑤と⑥を何往復かしてようやく正答。

このように、
問題文としては短いけれど題意が読み取れない子。
整数が小数に変わっただけで、あらぬ方向へ進んでしまう子。
思いつき、当てずっぽうで発言する子。
などは、さして珍しくない。

だからこそ、
言い過ぎない。教えすぎない。
自力で解く時間を与えることが肝心。
それが自信にもつながる。

本田先生が言う“考える余地”とは、そういうことだろう。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1549-e11a4bda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析