学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

敢えて進化と呼ぼう

子どもたちのモノの考え方は今、間違いなく変質している。

勉強という観念すら私たち世代と違ってきている。

教室で授業を受ける、教えてもらう、という

私たちがイメージする旧態依然の学習スタイルと、

彼らのそれとは感覚的に違っている。

それを、ゆとり教育を受けてきたことによって学力が低下したから

とひと言で片付けてしまうのは、ちょっと考えが浅いかもしれない。


例えば、他とのコミュニケーションの取り方。

彼らは親が敬遠しがちな最新の情報端末機器を取り入れようとする柔軟性と

上手く使いこなす技術を楽々と覚えていく。

その時点で、出来ない親より彼らの方が“出来ている”わけだ。

大人が踏み込めないような学校裏サイトなるものが出現し始めたのは、

彼らが使いこなせているからであって、最近ではラインがその象徴だろう。

急激な時代の変化に見事に対応している子どもたち。

それが余りにも速すぎて、ついて行っていないのはむしろ大人。

子どもたちのコミュニケーション能力が落ちているのではなく、

すでにコミュニケーション感覚が違ってきているのではないだろうか。

そして学び感覚も。こちらが違和感を覚えるくらいに。


その彼らの変化を“落ちている”とするのではなく、敢えて“進化している”と

仮定するならば、私たちも何かを伝える際、十分理解した上で対峙する必要がある。

我々世代の流儀で何とか教え込もうと余計に力んだところで、いつまで

経っても噛み合わない。暖簾に腕押しである。

日頃、勉強の面倒をよく見ている熱心なお母さんほど、

旧態依然のやり方では上手くいかないと気づき始めている。

すでに感覚が違ってきている相手の心理をよく知るために、

今後はさらに深く掘り下げたコミュニケーションが必要になる。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1825-8f4a18d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析