学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

芽を摘んでしまう言葉

私は授業終了後、子どもたちのお見送りの際に、

勉強への取り組み方、変化など気づいた点があれば、

保護者さんの元へ直に報告しに行くことが多い。


自分で指導していて「おやっ!」と感じた兆しは、

大抵見えにくいものであることが多いからだ。

例えば、本人が発する言葉、字の書き方、気の出し方等々、

具体的な点数に現れるより前の小さな小さなシグナル。

勿論そうなるように、こちらも指導過程で“口八丁手八丁”促している

わけだが、本人が意識してくれないことには兆候は現れない。


何かに気づいたら、私は必ず本人に確認する。

「なぜそうしたのか教えて?」

「こうやって考えたんじゃないか?」

「アドバイスしたことを意識したんじゃない?」

その時々の気持ち、心の状態をきちんと聞く。

それをこちらが尋ね、また言い当てることで、

「あぁ、ちゃんと自分のことを理解してくれているんだ!」と、

子どもに安心感、信頼感が自然に生まれ、

学習への取り組み方がもっと良くなる。

“誉め伸ばし”という言葉があるが、

一方的に何でもかんでも誉めれば良いというものではない。

“本人の考えをちゃんと理解した上で誉める”

これが一番良い。



さて、そんな細やかなやりとりを行ってようやく芽吹いた成長の兆し。

それを私は喜んで保護者さんに報告しに行くのだが…。



開口一番、我が子に疑いのまなざしを向けて

「そうですかぁ? 家ではぐだぐだしてますよぉ。」

「でもねぇ、もうちょっと家でもがんばってもらわないとねぇ」


お母さん、私はそのセリフをいつもひやひやして聞いている。

せっかく子どもに芽吹いたばかりの小さな芽。

やがて大きな実をつけることになるだろう、その芽を

迂闊なひと言でブチッと摘んでしまわないか気が気でない。

日常繰り返されているダメだしの嵐が、その子の成長ペースを崩して

しまっていたのではないかとさえ思えてくる。



もしその保護者さんが教室内にいる生徒だったとしたら、私は一喝しているだろう。

「お前、伸びてきている友だちに、もっと優しい言葉を掛けてやらんか!(怒)」と。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1938-fecdbf86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析