学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃまずいだろう!

小学校での読書感想文を書く時間中の話。

子どもたちにいきなり「書きなさい」とスタート。

当然のごとく書けないものだから、

「まず、本のあらすじを書け!」という次の指示が

出たそうだ。

それって感想文の書き方指導としてはタブーでしょ。

実際そうやって書いてしまう子が多いけれど、

教える側がそれを勧めてしまっては元も子もない。

手間暇はかかるかもしれないけれど、

印象に残った箇所のメモづくりから始めるのがセオリーです。



算数の分数の通分指導の話。

分母としてそろえる最小公倍数を

子どもたちが6×8=48とやったり、

時間をかけて「6、12、18、24…」「8、16、24…」

と書き並べてようやく導き出すので時間がかかりすぎ。

子どもたちはだんだん焦点がぼけてきて結局ミスをする。

だから、手っ取り早くできる計算方法を教えてあげたら、

後日ノートに

「それは裏技です。私はそんな方法は教えていないからやめなさい」と

赤字で書かれていたそうだ。

「そんな解き方を知っているなんて凄いなぁ!」っていう

ひとことが言えないもんだろうか。

そういう何気ない賞賛が算数への興味、学習意欲をかきたてる

可能性があるというのに。

ついでに言うと、「公倍数」の学習期間には、

かえって子どもたちが混乱すると思ったので、

計算法を教えるのを止める心遣いまでしたつもりだったのだが…。


最近、いくらなんでも、そりゃまずいだろうと思うことが学校現場で

かなり増えてきた。

若手と言われて先生方が学生時代にどのように学んできたのか、

教えられてきたのかを知っているだけに、その苦労はわかるし応援もしたい。

だからこそ先生と呼ばれるようになった現在でも、足りない部分を補うために

ご自身も学び続けてほしいのだ。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/1956-af3434a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。