学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>03

バイリンガル教育事情

国内での英語教育熱の高まりは今に始まったことではないが、
グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は
将来にとって極めて重要であるから、アジアの中でトップクラスの
英語力を目指すというお題目、具体的には高等学校卒業時に、
生涯にわたり「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を積極的に
使えるようになるという目標になかなか到達できそうにない現状に、
文科省もいらだっている感がある。
(少々古い表現だが)バイリンガル教育はそう簡単なことではない。

私は仕事柄、国内とは真逆のバイリンガル教育、
つまり英語圏での日本語教育のお手伝いをしている。
実はこちらもなかなか容易ではない。

色々なケースがあるが、比較的上手くいっているのは、
ご両親が日本の方で、ご家庭内では完全に日本語、
月から金曜日は現地校で英語を使い、
土曜日は日本人補習校に通っている子。
このような子どもは英語、日本語ともに達者である。
要するに日本語、英語を話す機会がおおよそ半々で日常を
過ごしている子だ。
上と同じように現地校と補習校に通っていても、
お父さんが英語、お母さんが日本語だと、
子どもは英語を選んでしまう。その方が楽だからだ。
国内の子どもたちに「英語の方が楽!」という気持ちを
芽生えさせられたら、習熟度は格段にアップするだろう(笑)

逆に考えると、
国内で現在もしくは今後行われる「英語教育」では、
文科省が目標とするレベルに到達するには全く足りないと
いうことになる。
「学校にいる時は完全に英語、家庭や日常生活で日本語」
ぐらいで時間的なバランスがちょうど良くなるはずだが…。

日本人はまだまだ“日本英語”の域から抜け出せそうにない。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/2126-3ed74c9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析