学力低下への挑戦

岐阜の学習塾「志道館学園」の教師を務めて早ウン十年。最近目立つの子供たちの学習能力の低下を何とかしたいと、日々無い知恵絞って悪戦苦闘する塾屋のひとりごとです。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>03

2017謹賀新年

niwatori_siro-3.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年、2016年内の目標を3つ立てた。
①海外在住の小中学生と塾生の国際交流
②ネイチャーサイエンスキャンプの新天地開催
③オンライン指導の強化
今後修正が必要なものもあるが、
いずれも実現、実行することが出来た。
これらは2017年も続行していく。

さて2017年の目標はというと、子どもたちの『読解力向上』である。
12月上旬に最新の国際学力調査で読解力順位が下降したことが
公表されたが、この時の対象学年(現16歳)より下の学年の読解力は
さらに低下している感がある。
リーディングスキルテストでは、公立中学生の5割が教科書を読み
取れておらず、2割が基礎的な読解も出来ていないというデータが
出ている。
学校や塾が、指導上あってしかるべきレベルの読解力を持つ子どもの数は、
さらに少ないと考えられる。

教科書を十分読めていないということは、テスト問題も読めていないという
ことであり、点数アップどころの話ではなくなる。
自塾のエリアの身近な例をあげると、平均点以下の生徒数、およそ200点
前後の生徒の占める割合が一番高い中学校が増えている。
某中学でそれを示す得点分布のグラフを初めて見た時は思わずぎょっとしたが、
後々他中学でも同じ状況になっていることがわかった。

 文章を読めても文意がわからない。
 問題で問われていることがわからない。
 だから半ば勘に頼って解答する。
 極端な例では問題すら読まずに解答する。

今言われている「読解力低下」とは、ざっとこんな状況。
「読めばわかる」は通用しないのだ。
ペーパーテストの結果で成績が決められる以上、
子どもたちには是が非でも読んでもらわねば学校も塾も困ってしまう。
特に、塾の授業は“読めること”前提で大半が成り立っている。
今、それで十分効果が見込める子どもは上位20~30%程度かもしれない。
つまりそのレベルまで底上げする必要がある。

子どもたちの『読解力向上』は我々塾屋が避けては通れない大問題。
2017年はこれを最大のテーマとする。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://miketeacher.blog63.fc2.com/tb.php/2135-fd9762dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

みけせんせい(美川圭介)

Author:みけせんせい(美川圭介)
岐阜県在住。お仕事は塾の講師と理科実験のパフォーマーなど。一家はよくできた嫁と、かわいい娘、息子たちの5人家族です。

リンク

shidoukanbanner.jpg takumibanner.jpg

Facebook

Twitter

お気に入りの塾長ブログ

塾長ご縁横町“お世話になってます”

心理セラピスト佐藤瑛気さんのHP
セラピールームCoCoLoのアトリエ

↓教師のイラストでお世話になっている
イラストレーターぴょん吉さんのブログ banner-s.jpg
↓ぴょん吉さんのHP。癒されますよ~。 000kousa.jpg

↓新鮮でおいしい「養老の地卵」です。 img59819326.jpg

↓山梨のおいしいお茶です。 banner.jpg

↓文人や芸術家が愛した養老のお宿 senzairoubannar.jpg
千歳楼の若女将ブログ

↓楽しい企画いっぱいの大垣のガス会社さん banner.jpg
リフォ丸くんのきまぐれ日記

↓岐阜県の剣士を支える専門店 hayashibannar.jpg
林武道具専門店ブログ

↓無料素材・WEBデザイン
フリー素材屋Hoshino top_header_bg.jpg

剣道部の熱きお父さんのブログ
オーティスのブログ

最近の記事+コメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析